ゴムシート.com よい製品をどこよりも安くスピーディに日本全国にお届けするゴムシート・ゴムマット専門店ゴムシートドットコム
  • お電話受付は土日・祝日を除く毎日9時〜19時まで
  • ファックス注文書はこちらから
  • オーダーカットのお見積もりはこちら
  • お問い合わせはこちら
  • 10,000円以上で全国送料無料(北海道・沖縄・離島除く)

ゴムシート.comのスタッフブログ ゴムの木カフェ

ゴムシート.comのスタッフブログ ゴムの木カフェ

高等学校様の陸上競技(走り幅跳び)の練習滑走路として使用していただきました。

天然ゴムシート(黒) 10mm×1000mm×10M 10本

1本150kg×10本=1500kgという重量に加え、
遠方への配送でしたので様々心配もございましたが、
遅延することなく無事にお届けすることが出来、
使われたご感想も「良好」とのことで安堵しました。

ゴムマット交換前01

ゴムマット交換前02

新ゴムマット設置01

新ゴムマット設置02

未舗装の練習場では雨上がりの日などは練習することができません。
そこでゴムマットを敷いて仮設の滑走路にされることが多いです。

通常歩行ですと、厚さ3~5ミリで充分ですが、
走り幅跳びのように競技の練習で使われる場合には、
大きな負荷がかかりますので最低10ミリは必要です。
1本重量150~160kgありますのでカンタンにずれることもありません。

このたびはありがとうございました!

お車の荷室用にゴムマットをお使いいただきました。


天然ゴム(両面エンボス)3mm×1000mm×1000mm 1枚


お客様の愛犬は35kgの大型犬です。
彼(彼女?)をお車に乗せて出掛ける時の、
汚れ防止と滑り止めのためにお車の荷室に敷いていただきました。


どれだけ注意して運転していても、
様々な要因で急ブレーキや急ハンドルは起こり得ます。
もしそうなったとしても、少しでも安全なようにゴムマットを敷かれてます。

私たちのゴムマットが安全なお出掛けの一助になれたらうれしいです!
このたびはありがとうございました。

ゴムシート.comでは継続して商品開発をしております。
まったく新しい商品も開発しますし、新たな厚み、幅なども随時掲載しております。

ゴムシートの商品開発

昨年はてっぱんゴムシート、全面穴あきゴムシート、補強布入りゴムシート。
今年は耐油性に優れたゴムシート、クッション性のあるスポンジゴム。

発売開始してしまえば、あとはしっかりと丁寧にご提案していくことに専念できますが、
それまでの段階に非常に時間を費やしており、
もちろんすべてを採用するわけではなく日の目を見ずにボツになることも多々あります。

ゴムシート.comでは商品開発を重視していますが、
お客様が求める商品を満足のいくカタチにすることは大変困難なことです。

それでも毎年1商品ずつでも継続して発表していくことが、
私たちの大切な役割だと思って日々知恵を振り絞っております。

ゴムシートを使った商品開発 番外編

ゴムシート.comの商品開発はずっとやってますよ、
すごく大変で私たちはとてもがんばってますよ、
というアピールを一所懸命したあとで番外編のご案内です。

ゴムシート.comのゴムシートを使ってバッグを作りました。
はい、荷物を入れるBAGです。

金具以外はすべて合成ゴム(両面エンボス)です。
もちろん持ち手もすべてです。

大きなバッグにするとバッグそのものの重量が重くなりすぎるので、
このくらいサイズが限界なのですが、ツートーンの落ち着いた色合いで仕上がりました。

作ってみたものの、これをどうするかまで決めてません。
「ゴム屋がつくったゴムバッグ」ということで話題性があるはず!
と思って知人の革職人に作っていただきました。

もちろん量産も可能ですが、
私たちはゴムシート屋であってバッグ屋さんではありませんので、
これを使って商売をしようなどという大それたことは考えてません。

ご興味のある方に利益度外視で提供して使っていただけたらうれしいです。

たまにはこんな商品開発も遊び心があって良いのでは、
と思って楽しみながらカタチにしてみました。(してもらいました)

これからもこういった遊び心のある商品開発も、
新作ゴムシートと並行してやっていけたらと思います。


まいどおおきに新人アルバイトのフッキーです。

 

今日も忙しくゴムをカットしております。

 

朝イチバンからお客様の注文がハードに沢山いただいていてベテラン新人アルバイトとしても昼前になると、へとへとでお腹が減って参りましたw

 

そういえばこの間、シャチョーがなんかハナシの続きをしにくるとか言うてたなー。なんの話やったかなぁ。

 

特にウワサはしてないけどシャチョー登場です。

 

シャチョー「おまいら、お客様のために気張って働いておるか。ウチの社訓は1にスピード、2にスピード、3,4はお金で5に愛じゃ。」

 

ボク「愛情の前にカネですか!この跳ねっかえりのゴムニンゲンめ!!」

 

シャチョー「ばかもの。お客様の大切なお代金を頂く以上、愛をベースに働かんかいということじゃ」

 

ボク「そーですか。せやけど、あー、待ち遠しいなぁ」

 

シャチョー「(´-`).。oO(ふふふ、前回のワシの面白いハナシの続き、ゴムを発明した歴史クライマックスがよほど聞きたいと見える。ういやつじゃ。時給をたまに5円くらいアップしてやってもいいかのー)」

 

ボク「お腹減ったなー。ランチタイムまだかなー。待ち遠しいなー」

 

シャチョー「なんじゃおまいは。メシのことばっかり考えておるのか。わしのハナシを聞きたくないおまいなんぞバツとして時給1000円マイナスじゃ!!!」

 

 

ボク「あー。そういえばなんかこの間、ハナシの続きがあるっていってましたねー。王将の餃子を誰が発明したかってはなしでしたよね?」

 

シャチョー「食い意地ばっかりはっておるのー。ちがうわい。世界のゴムを誰が発明したかってハナシじゃ。アホのおまいでも、車についてる大事な大事なゴム製品である、『タイ・・』は知っておるじゃろう?」

 

ボク「しっぽまでアンコがしっかり詰まってるやつがいいですねー。皮はしっとりなのにパリパリなやつが好きっす。お腹減ったなー。」

 

シャチョー「それはタイ焼きじゃ。おしい。いや全然惜しくない。タイヤじゃ。日本の車のタイヤはたいていヨコハマ、ブリヂストン、トーヨータイヤ、などじゃが、他にも聞き覚えのあるタイヤメーカーがあるじゃろう?」

 

ボク「さすがにランチにミシュラン三ツ星はちょっとゼイタクっすねー。え?シャチョー連れてってくれるんですか?!」

 

シャチョー「だれが連れて行くか。そう、あのミシュランもタイヤメーカーじゃな。だがもうひとつ、めっちゃ有名なやつがあるじゃろう?英語から直訳したら『良い年』な名前のホレ・・・」

 

ボク「良いと言えばオッケー。ウシと言えば・・・あっ!!OK牧場!!ガッツ石松さんですね!」

 

シャチョー「だれがウシいうてん。トシや。もうええわい。グッドイヤー、きいたことあるやろ?」

 

ボク「あー。F1のタイヤはたいていグッドイヤーでしたよねー。」

 

シャチョー「ようしっとるやないか。わざとボケとったな。」

 

ボク「そのグッドイヤー社がゴムを発明したんすか?」

 

シャチョー「実はそうではないんじゃ。グッドイヤーは創業120年を超える老舗企業じゃが、まったく関係ない。ゴムを発明したグッドイヤーさんにちなんで名付けたらしい」

 

ボク「今やったら商標権とかで訴えられそうですけどねー。そのゴムを発明した本物のグッドイヤーさんはなんか手をうたへんかったんですか?」

 

シャチョー「それがな、グッドイヤーおじさんは発明家としては粘り強い天才肌じゃったが、商売に関してはさっぱりヘタクソで、ヘタこいてへたこいて生涯に何度も破産しておるんじゃ。」

 

ボク「どないなおじさんやったんですか?」

 

シャチョー「グッドイヤーおじさんはゴムに将来性を感じておったが、夏になると溶けて冬になるとカチコチに固まる性質をどうにかできひんもんかと実験に実験を重ねておった。うちの商品の天然ゴムでもどうしてもゴムの臭いがするように、ゴムは臭いがある。で、いろんな混ぜ物をする実験を繰り返すうち、ご近所迷惑が度を越してしまったんじゃ。さらには、成功したと思われたものでも実は失敗で世間から超ヒンシュクを買ってしまい、とにかく借金しまくった。当時の法律では破産すると牢屋にいれられたらしい。」

 

ボク「めげずに粘り強く実験するわりには詰めの甘いおじさんだったんすねー」

 

シャチョー「自宅の台所でゴムを煮たり焼いたりするものだから臭くって仕方がない。借金しまくっていたグッドイヤーおじさんは手内職をする奥さんに食わせてもらっていたからまぁケンカになるわな。するとその拍子にゴムと硫黄を混ぜた液を熱いストーブの上にこぼしてしまい、それがブスブスとねっとり焦げるさまを見て、これじゃぁ!!!とひらめいたのだ。1839年の冬じゃ。」

 

ボク「なんだか日清食品のカップラーメン開発秘話で奥さんに助けられたハナシに似てますねえ」

 

シャチョー「単純にゴムと硫黄を混ぜただけではダメで、加熱の仕方が難しかった。そこから5年かけて、試行錯誤を続けて粘り強いグッドイヤーおじさんは完全なゴム製造方法を発明、特許をとったんじゃ」

 

ボク「じゃあもう安泰っすねー。悠々自適な老後ですか」

 

シャチョー「とにかく救命胴衣からなにからゴムは社会にあらゆる方面で大変に役立ったが、なんだか特許紛争でグッドイヤーおじさんはさんざんに破れてしまい、全然儲からずにまた破産しまくった。」

 

ボク「なんとも報われないハナシっすねえ。」

 

シャチョー「さらには、イギリスにも売り出そうとして、秘密をしられまいと特許の製造法は一切ヒミツにしてサンプルだけを送付した。しかし、ごくわずかにサンプルに付着していた硫黄を当時の科学者に見破られ、イギリスでも特許訴訟で敗れてしまう」

 

ボク「詰めが甘いにもホドがありますねー」

 

シャチョー「1850年に開かれたパリとロンドンの万国博覧会でゴムは全世界に広まり、売れに売れた。しかしまたフランスでの特許を失い、また大借金を背負ってしまう。で、牢屋に入れられているときに世界にとって素晴らしいものを発明したとしてナポレオン3世から最高勲章の一つをもらっておるのじゃ」

 

ボク「すごいのかすごくないのかwwwグッドイヤーおじさんww」

 

シャチョー「失意のうちにグッドイヤーおじさんは60歳で借金をかかえたまま亡くなった。わずかにのこされた特許収入で家族はとりあえず平穏に暮らせたようじゃ」

 

ボク「まー、変わったおじさんでしたが、グッドイヤーおじさんがいなければ世界に天然ゴムは生まれなかったわけっすねー。ありがたやありがたや」

 

シャチョー「そうじゃ。世界の一部はゴムでできておると言うても過言ではないのじゃ。ここから、さらにゴムの世界は大きく進展していくドラマチックな展開を迎えるのじゃ」

 

ボク「おお。ドラマチックなお話!続きが聞きたいっす!!」

 

シャチョー「そうじゃろうそうじゃろう。ワシのハナシを聞きたいじゃろう。ゴムはじゃな・・・」

 

ボク「あ!!昼だ!メシ行ってきまーっす!!お話はまた次回!!」

 


 

参考・引用

スパイス、爆薬、医薬品 世界史を変えた17の化学物質 

著 ペニー・ルクーター ジェイ・バーレサン 訳 小林力 

中央公論新社

原則として、1本50kg以上になるゴムシートのご注文は、
宅配では出荷できないので、すべてパレットで出荷させていただきます。

例外として厚くて巻けず、かといってフラットでは大きすぎる場合などは、
50kg未満でもパレットで出荷する場合がございます。

パレットの荷姿はこんなかんじです。

パレットは自社でカスタマイズしてゴムシートに対して大きくなりすぎないようにしておりますので、
パッと見た目はコンパクトなのですが、これで80kgくらいあります。

佐川急便さんの宅配便では制限重量を超えているため、
主にトナミ運輸さんで集荷をお願いしています。

フォークリフトをお持ちの場合

宅配ではないので、いわゆる車上渡しといいまして荷下ろしはお客様にお願いしております。
といってもフォークリフトがあれば荷下ろしはカンタンです。

私たちの工場ではフォークリフトのオペレーターがいない時には、
運送会社のドライバーさんにお願いしてフォークリフトを操作して積んでいただいてます。

ただし、原則として車上渡しですので、荷下ろしはドライバーさんの仕事ではありません。

お客様側でフォークリフトを操作して荷下しをお願いいたします。

フォークリフトがない場合

さて、フォークリフトがない場合です。
パレットごと降ろすのは重たくて危険ですし、
そもそも持ち上がらないことが多いでしょう。

こういった場合は梱包しているPPバンドをハサミで切って、
ゴムシートとパレットに分けて
別々に荷下ろしされることをオススメいたします。

ゴムシートはトラックから転がり落としても
割れたりつぶれることはありませんので、
持ち上がらない場合はそのようにされた方が安全です。

残ったパレットだけなら男性2人でカンタンに降ろせます。

フォークリフトがない場合の荷下ろしを、
マンガにしてご説明いたします。
文章だけよりもご理解していただきやすいかと思います。

ぜひご覧ください。




自動車学校様の交通安全教室にて道路の実線として使用していただきました。

天然ゴムシート(黒) 5mm×150mm×10M 5枚
天然ゴムシート(黒) 5mm×1500mm×10M 2枚
天然ゴムシート(黒) 5mm×1000mm×10M 1枚

GW直前のご注文でしたが、
GW前に出荷、GW明け直後に納品することができました。

大阪から仙台へのパレット配送だったため、
納期遅延などが心配されましたが、
無事にお届けでき交通安全教室当日に間に合って良かったです。

ゴムシートに白線を書いて横断歩道にしておられます。
厚さ5ミリくらいの段差だと転倒することもないでしょうし、
しっかりとした重量があるので強風で飛ばされることもないと思います。

地域の交通安全はこのような地道な活動で保たれているのですね。
私たちのゴムシートがその一助に慣れたかと思うと誇らしいです。

このたびはありがとうございました!

処分品のコンベヤベルトを大量に仕入れました。

あるメーカーさんで使わなくなったコンベヤベルトを大量に仕入れてきました。
4トントラックで2往復しましたので、一時期は倉庫内がパンパンになりました。


しかし、さすがは人気のコンベヤベルトです。
あれよあれよと売れてかなり減りました。

それでもまだまだたくさんありますので、
在庫限りの商品ですが一般販売も開始させていただきます。

コンベヤベルトの状態

未使用の新品です。
本来の目的で使うには短くなってしまったコンベヤベルトを仕入れてますので、
10M以上の長尺は少ないですが、ご用途によっては充分かと思われます。
処分品といっても裂けや破れがあるものは出荷しませんので、
若干の汚れなどはありますが基本的には新品同様の状態です。

コンベヤベルトのサイズ

厚み、幅、長さは様々あります。
例として、
11*900*5.3M 1本
7*600*8.5M滑り止め付きタイプ 1本
8*600*14.7M 1本

などがあり、その他多数あります。
切り売りもしますのでお問い合わせください。

コンベヤベルトの特徴

とにかく耐摩耗性に優れています。
私たちがカットしていて最も実感できる部分です。
慣れてる私たちでもかなり大変です。
摩耗してほしくない場所などでぜひ使っていただきたいです。

さらに布入りですので、引き裂きに対しても強いです。

特殊なゴムを除いては、耐摩耗と引き裂きは最強クラスです。
ただし、とっても高価なゴムなのです。
ある意味ではベルトコンベヤ用の特殊ゴムともいえますので。。。

ですが、私たちが仕入れてきたコンベヤベルトは処分品ということで、
なんと天然ゴムよりも安価な価格設定にしております。

在庫限りですが、この機会にぜひお問い合わせくださいませ。

一部、楽天で出品もしております。

【新古品】布入り耐摩耗性ゴムシート 厚さ11m×900mm×1000mm
https://item.rakuten.co.jp/ko-gu/used11-900/

【新古品】布入り耐摩耗性ゴムシート 厚さ8m×600mm×1000mm
https://item.rakuten.co.jp/ko-gu/used8-600/

【新古品】布入り耐摩耗性ゴムシート(滑り止め付) 厚さ7m×600mm×1000mm
https://item.rakuten.co.jp/ko-gu/used7-600/

コンベヤベルトの写真


一部、楽天で出品もしております。

【新古品】布入り耐摩耗性ゴムシート 厚さ11m×900mm×1000mm
https://item.rakuten.co.jp/ko-gu/used11-900/

【新古品】布入り耐摩耗性ゴムシート 厚さ8m×600mm×1000mm
https://item.rakuten.co.jp/ko-gu/used8-600/

【新古品】布入り耐摩耗性ゴムシート(滑り止め付) 厚さ7m×600mm×1000mm
https://item.rakuten.co.jp/ko-gu/used7-600/

 

まいどおおきに新人アルバイトのフッキーです。

 

いやぁ、温かく涼しいイイ気候になってきましたねー。

 

春はやっぱりお仕事しやすいすい。すいすいっとな。

 

お客様からのゴム出荷依頼がバンバン来るので、バンバンとゴムをカットして出荷します。

 

忙しいぞぉー

 

ん?

 

シャチョーがあんなとこに座ってスマホばっかりみちょる。

 

春の陽気につられてひなたぼっこだなぁ。

 

この忙しいのになんてこった。

 

ここは新人アルバイトがシャチョーを厳しーく指導しとかんとw

 

ボク「シャチョー。ぎょーさん出荷あるのにサボってたらあかんやないですかー!」

 

シャチョー「あほか。なんで社長のワシがさぼるんじゃ。わしゃのう、お客様のご質問メールに丁寧にひとつもらさずご回答さしあげておるんじゃ。」

 

ボク「そーいえばシャチョーはゴム博士ですもんねー。」

 

シャチョー「そうじゃ。緊急でゴムを使いたいお客さんは、どんなのんがあるのとか、今の使用に耐えられるかとか、たくさん懸念されることがおありじゃからな。できうる限り親身になってお応え差し上げておるつもりじゃー」

 

ボク「いやぁ、ゴム、世間のお役に立ってますねえ。ゴムを始めて作った人はエライなぁ」

 

シャチョー「ところで新人アルバイト、おまいはゴムがいつごろから使われておるか知っとるか?」

 

ボク「そりゃもう、あれでしょ、種子島に伝来したって習った気がするから・・・」

 

シャチョー「あほう。そりゃ火縄銃じゃ。もっともっと前じゃ。」

 

ボク「わかった!奈良の大仏さんがめっちゃでかいので下にひくお座布団に!」

 

シャチョー「あほう。バチがあたるわい。もっともっと前じゃ」

 

ボク「えー。ほなら卑弥呼が儀式でウンにゃらカンにゃらいうて作り上げたとか」

 

シャチョー「実はな、もっともっと前、紀元前1600年ごろ、南米はアマゾンの奥地ですでに使われていたのじゃ。そのころのメキシコの遺跡からもゴムが出土したそうじゃ。つまり、3600年前から使われていたことになるのー」

 

ボク「ぎょぎょ!!卑弥呼パイセンもびっくりの3600年前っすか。」

 

シャチョー「しかし、世界に広くゴムが知られるようになったんは西暦1500年ごろじゃから、500年ほどまえからじゃけどのう。これを世間に知らしめたのは世界大航海でアメリカ大陸を発見したというあのエライ人、おまいでもしっとるやろ?」

 

ボク「世界大航海といえばジョニー・デップですねー」

 

シャチョー「それはパイレーツオブカリビアンじゃ。映画じゃ。ほれ、なんとかのタマゴとかいうのがあるじゃろう?」

 

ボク「卵と言えばイセ食品!」

 

シャチョー「それは日本にタマゴを広く知らしめたタマゴ生産の会社じゃ。そうやのうて、ほれ、靴クリームで有名な会社の社名にもなっとる・・・」

 

ボク「あー!コロンブスね!」

 

シャチョー「おまいはヘンなヒントでわかるやつやのー。コロンブスは現地住民の子供が重たいのによく跳ねるボールで遊んでいるのをみて、スペインに持ち帰ったのじゃ」

 

ボク「子供の遊び道具を取り上げるなんて、悪いおじさんだなぁ」

 

シャチョー「当時のスペインでは、子供のボールと言えば、動物の膀胱に空気を入れて膨らませたものじゃったから、これはなかなか画期的やったみたいじゃ」

 

ボク「じぶんとこの子供にだけええもん買うたるなんて、悪いおじさんだぁ」

 

シャチョー「しかし、天然ゴムの汁100%で固めただけのものじゃったので、冬はカチコチになって割れてしまうし、夏になるとドロドロに溶けてくさーい臭いを出したので、それほどよかったわけでもなさそうじゃ」

 

ボク「悪いおじさんには報いがあるのだwわっはっはw」

 

シャチョー「とはいっても、世界に役立つゴムはじわじわ広まっていくんじゃ。当時は鉛筆で字を書いて間違ってしまったら、パンを使って消していたのじゃが」

 

ボク「もったいないオバケがでますねー」

 

シャチョー「1770年、イギリスのジョセフおじさんが、天然ゴムを使うとパンより良く消えることをハッケン。ゴムは英語でラバーと言うのじゃが、【rub】は【こする】という意味から、ジョセフおじさんがラバーという言葉を作ったそうじゃ」

 

ボク「コロンブスとうってかわって、ジョセフおじさんえらいっすねー」

 

シャチョー「だがジョセフおじさんはアマゾンからやってきた消しゴムを『インドゴム』として売り出して、インドでゴムが作られていると誤解を生んでしまった。さらに当時は高価で売れ行きはイマイチだったようじゃ。」

 

ボク「ジョセフおじさん、おしいなぁ。広島県みたいやー」

 

シャチョー「広島県の人に怒られるぞ。ところが1823年、同じくイギリスのチャールズ・マッキントッシュおじさんが、天然ゴムを当時はガソリンなどの廃棄物だったナフサという液体に溶かせると発見。これを布に塗って乾かすと柔らかい皮膜ができた。もちろん水を通さないので、雨合羽、つまりレインコートと売り出すとイギリス、アメリカでもバカ売れした」

 

ボク「マックおじさんえらいっすねえー。マックって名前がつくのはハンバーガーもパソコンもえらいのばっかりですやんか」

 

シャチョー「それはたまたまやけどな。今でもイギリスでは雨合羽のことをレインマックなどと呼ぶそうじゃ。」

 

ボク「こんどヘンリー皇太子のツイッターで聞いてみよう!」

 

シャチョー「たぶん答えてくれんじゃろうけどな。雨合羽のマックはバカ売れしたものの、当時の技術ではやっぱり、夏になると溶け冬になると割れてしまったから、ブームは一瞬で終了してしまったのじゃ」

 

ボク「天然ゴムの木の汁だけではやっぱどーにもならんかったんですねー」

 

シャチョー「その後、なんと世界的発明がなされるのじゃ」

 

ボク「おお!!物語が核心にせまってきましたね!!で?で?世界的大発明って??」

 

シャチョー「紙面の都合上、次回をお待ちくださいじゃw」

 

ボク「なんてこったパンナコッタ!!」

 

 


参考・引用

スパイス、爆薬、医薬品 世界史を変えた17の化学物質 

著 ペニー・ルクーター ジェイ・バーレサン 訳 小林力 

中央公論新社

 

 

 


お客様よりゴムシートの使用事例写真をいただきました。

お使いいただいたゴムシートは、
カラーゴムシート(黄) 3mm×750mm×3100mm 1枚
カラーゴムシート(青) 3mm×750mm×4800mm 1枚
カラーゴムシート(青) 3mm×750mm×6900mm 1枚
カラーゴムシート(青) 3mm×750mm×2100mm 1枚

すべてカラーゴムです。
作業場の改善のためカラーゴムを選ばれました。
色別にしておけば、ひと目で識別できるようになりますね。

今回はカラーゴムの黄色と青色をお使いいただきました。
カラーゴムは他にも緑色、赤色、茶色があります。

カラーゴムシートは塗装やカッティングシートの貼りつけとは異なり、
ゴムならではの質感がそのままなので滑り止め効果とクッション性は損なわれません。

今回の事例のようなご用途ですと、強くオススメいたします。

ありがとうございました!!

カラーゴム写真1 設置前

カラーゴム写真2 設置後

カラーゴム写真3 設置後

カラーゴム写真4 設置後

カラーゴム写真5 設置後

お客様よりグレーチングの使用事例写真をいただきました。
実際に設置をされた現場写真は参考になるのでとっても有り難いです。

お使いいただいたグレーチングは、
ツバありグレーチング 中間目 ノンスリップ(アングルはプレーン)
T-2 スチール P=22 L7×90×90
溝幅698mm用 内幅688mm×長さ490mm 7枚です。

本体サイズも大きいですが、アングルサイズもかなり大きい特注品です。
アングルを大きくしてU字溝へのひっかかりをよくして落下しない様にしています。

歩道上がりのブロックも設置されて、
バッチリと安全対策されてますね。

ありがとうございました!


グレーチングの写真1 設置前

グレーチングの写真1 設置後

グレーチングの写真2 設置前


グレーチングの写真2 設置後

グレーチングの写真3 設置前

グレーチングの写真3 設置後

ゴムシート.comのスタッフブログ「ゴムの木カフェ」

ようこそ、ゴムの木カフェへ!

ゴムシート.comはゴムシートの製造販売を通じて、現場の方々のお力になれることを願って運営しております。

https://www.gom-sheet.com

BLOG MENU

CALENDAR

<<2019年06月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

STAFF

  • お電話受付は土日・祝日を除く毎日9時〜19時まで
  • ファックス注文書はこちらから
  • オーダーカットのお見積もりはこちら
  • お問い合わせはこちら
  • 10,000円以上で全国送料無料(北海道・沖縄・離島除く)
ゴムシートのことならゴムシート.comへ! ユーザー様に格安でゴムシートを提供するゴムシート(ゴムマット)の工場直売(ダイレクト)の通販専門店です。